WEB会議がこれ1個で効率UP間違いなし!WEBカメラの購入の3つのポイント

[quads id=1]

目次

WEB会議の増加

2020年から新型コロナウィルス感染拡大防止策として、多くの会社員が在宅ワークに切り替わることになって、自宅からの遠隔操作で仕事をする機会が増えてきた。
それに伴って、急激に需要が増えたのが、テレワークやWEBミーティングなどのPCツールです。
特に「WEBカメラ」は、どこのお店でも品薄になるくらいの売れ行きで、それは今年2021年に入っても、変わらない状況となるでしょう。

特に大人数でのWEB会議やWEBミーティングの場合、今までは、直接会って会議や打ち合わせをしていたのが、それぞれの会社からネットワークを使った新スタイルで会議や打ち合わせが行われるケースが増えてきている。そして、WEB会議やWEBミーティングなどの新しいスタイルになることで、今まで使用していたWEBカメラの品質の高級化需要が求められてきている。

WEBカメラはWEB会議の必須アイテム

WEB会議を行うでとても重要であるものは、カメラやマイクであるということは、当たり前ですが、「どのカメラやマイクだって変わらないから安いものでいい!」という考え方で選ぶと、映像の画質が悪い、音声が聞こえにくいなど、相手にうまく伝えられず効率の悪いWEB会議になってしまう可能性があります。
そうならないように、これからWEBカメラやマイクの購入のポイントを紹介します。

よくあるWEB会議で困ってしまう5つの事

WEB会議について、アンケートを取ったところ、以下のようなことに困っているという結果が出ました。

・WEB会議のツールが使いこなせない。
・背景や顔の映りが気になる。
・反応がわかりづらい・伝わりにくい。
・話すタイミングが難しい。
・音声や映像の不具合
Web会議の悩みに関する意識調査(ビズヒッツ調べ)

やはり、WEB会議で使用しているツールの事で困っている内容が多く見受けられる。
効率のわるいWEB会議は、大きなビジネスチャンスを逃してしまうリスクも出てしまうので、WEB会議で使用するツールといっても、安易な商品にするのではなく、会議で使用する場所に適切なWEBツールを購入する事が必須である。

WEBカメラはWEB会議の必須アイテムWEB会議のカメラ選びのポイント

WEB会議を行う場所から考える。

WEB会議を行う場所の広さやレイアウトはどのようになっていますか?
カメラを設置する場所によっては、参加者全員がカメラに入らなかったりマイクが届かず聞こえなかったりするケースがありますので、購入する前にカメラやマイクを使用する場所の確認してください。

WEB会議に参加する最大人数を考慮する。

参加者の顔の表情が十分に見える画角が必要ですが、カメラの画角が狭すぎると、参加者の一部が画面から見切れてしまいます。その場合、見切れている人が発言する際は、カメラの位置を動かしたり、発言者が画面まで移動しなければならなくなり、とても不便になります。その為、最大人数でも十分な画角のカメラを選ぶ必要があります。

安い金額に惑わされるな!

WEBカメラやマイクなどWEBツールの価格は安いものだと1000円くらいから販売しているけど、「価格が安い!」からと安易に選ぶと、画質が悪くて、よく見えなかったり、音が小さすぎて聞こえなかったり、購入をしてから後悔する事が見受けられるので気をつけよう。

PC不要なのにWEB会議の効率がUPするWEBカメラ

Kandao Meeting Pro

WEB会議で使用するWEBツールはカメラやマイク、そしてパソコンなど必要なものは多いですが、
このWEBカメラ「Kandao Meeting Pro」は1台でカメラ、マイク、スピーカーそしてPCの役割まで果たす優れた商品です。「Kandao Meeting Pro」1台あれば、WEB会議で必要なのは、モニターディスプレイとWIFI環境と電源のみです。

 

カメラは、全方向を撮影できる360度カメラで画角の心配はなくなって、画面から見切れることがなくなり、参加者全員を映し出すことができます。

 

マイクは8個の全方向マイクで半径5.5メートルまで明確に音声を拾ってくれるので、席がマイクから離れていてもしっかりと聞こえる。

スピーカーは、HIFIスピーカーとなっていて、ノイズやエコーを最大限に抑えて聞こえやすい。

 

 

そして今までのWEBカメラやマイクにはない機能として、「Kandao Meeting Pro」にAndroido OSが搭載されていていること。これは、業界初なので、かなり注目を浴びている。Androidoの他にも優れたAIアルゴリズムで音声認識や顔認識を活用して、下記のようにAIが自動的に発言した人の顔を認識してフォーカスしてくれる。

KUI
KUI

Androido OSは、Androido携帯電話で使われているシステムでミーティングで必要なZOOMやSlack、SKYPEなどのアプリを簡単にダウンロードできるんだって。これはスゴイ!

他にも機能は充実。
・画質は1080Pまたは720Pの高解像度
・専用のBluetoothリモコンが付属されていて、電源のオン・オフやツールの切り替え、画面の録画などすばやく操作が可能。
・SDカードの取り付けもできて録画も可能。
・外付けUSBでマウスやキーボードなどの周辺機器の拡張も対応。
・コンパクトなので出張などにも持ち運びが可能。

あらゆるシーンで活用できるWEBカメラ


・最先端の360度Webカメラを搭載したリモート会議、Web会議システム
・360度カメラ、全指向性マイク、高品質スピーカー、Android OS、会議ソフト、AIコンテンツ搭載オールインワン
・業界初のAndroid OS搭載で、PC不要で会議を開始可能
・会議室全体を360度に常にスキャンし、発言者を自動追尾機能搭載
・ZOOM、Skype、Microsoft Teams、WebEX、FaceTime、他多数の会議システムに対応
・Web会議、テレワーク、リモート商談、リモート教育、オンライン医療と多彩なシーンで活用可能

最後にまとめとしてWEB会議ツールを購入する場合

・WEB会議を行う場所から考える。
・WEB会議に参加する最大人数を考慮する。
・安い金額に惑わされるな!

購入にはじっくりと検討をして公開をしないように選びましょう。

[quads id=3]

webカメラの購入ポイント教えます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

自己紹介

ども、はじめまして♪
KUIです。心は少年の楽しい毎日を過ごしたい40代!

このブログは自分の経験談やブログについての記事をはじめ、私の気になった事を記事にしていきます。
タイトルは「毎日が良い日(大切な日)」になりたいという願いも込めてつけました。


【にほんブログ村】クリックをお願いします

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる