通学ブルー ランドセル症候群

目次

ランドセル症候群について

学校用水着開発の大手会社「フットマーク」が、今、小学生の3人に1人が「ランドセル症候群」になっている事が発表されました。

記事はコチラ

フットマーク株式会社は、通学にランドセルを利用している小学1~3年生とその保護者1,200名を対象に「ランドセルの重さに関する意識調査」を実施いたしました。
多くの小学生が通学時に、ランドセルを重く感じていることが判明し、更に3人に1人が通学ブルーや肩の痛みなど心身への影響を感じていたことがわかりました。

フットマーク

今回は、ランドセル症候群について調べた内容と個人的な意見を述べた記事になります。

ランドセル症候群とは

ランドセル症候群とは、3kg以上の重さのある通学カバンを小さな体に背負いながら通学することによって
筋肉痛や肩こり、腰痛など体の異常の他に、通学自体に憂鬱を感じてしまう状態の事

私が小学生のころも、ランドセルが重くて泣いたことがありました。。。。
しかも、重いランドセルを背負いながら、アサガオの鉢とか大きな工作を持って帰るとかありましたけど、
今のランドセルって昔に比べてしっかりしていて、使いやすいと思っていたんですが、、、
ランドセルが良くなっても、学校の制度が変わらないと意味がないですよね。

全国の小学1年生~3年生 1200名に「フットマーク」がアンケート調査を行った結果です。

 

①小学生の90.5%がランドセルが重いと感じていることが判明。ランドセルの重さ平均は約4㎏
小学生1~3年生の90.5%が「ランドセルが重い」と感じていると回答。保護者の85.8%も子どもにとってランドセルが重すぎるのではないか、と感じていることがわかりました。ランドセルの重さは平均3.97kgで、3Kg以上ある割合は65.8%とかなり多くの小学生が重いランドセルで通学していることが判明しました。

②重いランドセルで「通学ブルー」を実際に感じたことのある小学生が約3人に1人
ランドセルが重たいと感じている小学生の中で、2.7人に1人が重い荷物を背負うことが億劫で登校を嫌がった経験があるという結果になりました。更に3.1人に1人が通学時に肩や腰・背中など身体の痛みを訴えたことがあることが判明し、小学生の約3人に1人が既に「ランドセル症候群」に陥っていることがわかりました。

③小学校のブラック校則!?約半数の小学生が「置き勉禁止」
46.8%の小学生が、学校で置き勉が禁止されていると回答。ランドセルだけではなく、副教材などをサブバックを持って登校する割合も92.0%と、かなり多くの荷物を持って登校していることが明らかになりました。

フットマーク

 

実際に我が子のランドセルを見せてもらいましたけど、確かにランドセルにいっぱいの教科書とノート、そしてタブレット
かなりの重さでした。

更に、今もありました、アサガオの観察。
私の頃は自分で持って行っていましたけど、最近では親が学校まで運んでいます。

今は昔と違って、学校が終わったら、塾や習い事をする子供たちも多くいて、小さな時から大人と同じくらい疲弊している子もいるのに、それがランドセルを背負うことだけでも憂鬱になってしまうのは非常に切ない気持ちになりますね。

親としては毎日笑顔で学校に登校ができるように応援するしかないものか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

自己紹介

ども、はじめまして♪
KUIです。心は少年の楽しい毎日を過ごしたい40代!

このブログは自分の経験談やブログについての記事をはじめ、私の気になった事を記事にしていきます。
タイトルは「毎日が良い日(大切な日)」になりたいという願いも込めてつけました。


【にほんブログ村】クリックをお願いします

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる